呼吸する家に住まわれるMさんの快適な住まいに関するエッセイです★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
----------------------------------
 心地よい家 ~⑮~
----------------------------------


私の実家は木造の二階建てで
ふすまの開け閉めや、咳払いが聞こえます。
二階で妹と寝ていても、一階のことがわかるから
「あ、お母さん起きたね!」とか
「ネギ刻んでる」とか
なんとなくわかるわけです。

家を作るときに、
そういう 家族の存在が感じられる家にしたい と思いました。
密閉や遮断というより
ゆるいしきりや一体感

呼吸する家は、壁の中が空洞なので
思いのほか音が伝わります。
うちは横につながる二世帯ですが
「お母さん、まだ起きてるんだ」とか
わかるんですね。
これをどうとらえるかは人それぞれですが
私はいいと思います。

一緒にいても、それぞれフェイスブックや
ラインやゲームをやっている
そんな時代だからこそ
ゆるいつながりが感じられる家も
いいかもしれません。

15.jpg


スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。